BLOG

つむぐ家のブログ

facebook

instagram

イベント情報

【つむぐ家】住宅講座 ~一軒家と日影規制について~

こんにちは

【つむぐ家】の鈴木です。

一般の方が疑問に思う住宅のあれこれを解説するコラムです。

今回は日影規制を解説していきます。

 

日影規制とは、建物からの影によって周辺が暗くならないよう、周辺のある地点において影が一定時間内になるように建物の大きさ、形状を規制するものです。

1970年代からマンションなどの中高層の建物が増えてきたことで、影により日当たりが悪くなる、という「日照権」の裁判が多くありました。

その日当たりを守る為に、日影の基準が設けられ、法律化されました。

この規制の対象となる建築物は、用途地域によって高さや階数で決められており、建物を新築する際は周りの建物に影をつくらないようにしましょうというものです。

 

 

・時間
北側への影が1年で最も長くなる冬至の日に、太陽が真南に来た時間を12時とし、8時~16時の8時間で、建物からの日影の影響を検討します。

・測定面
日影の時間は隣の家の1、2階の窓の高さを想定して測定し、建物があることで隣家の室内に日の光が入らなくなることにならない様に検討します。

・範囲
測定する範囲は、敷地境界から5M、10Mの範囲で隣への影響を検討します。

上記の範囲で建築物がつくる日影を時間で表し、一定時間以上の日影を生じさせないように建築物の形を制限し、決められた時間内になるように検討をします。

 

 

————————————
堺の注文住宅なら
高気密高断熱住宅【つむぐ家】
〒599-8121
大阪府堺市東区高松323
一級建築士事務所・工務店 株式会社EMSS(エムズ)
TEL:0120-03-2701
HP:e-emss.com
施工範囲
大阪府(堺市、大阪狭山市、富田林市、河内長野市、和泉市、高石市、泉大津市、忠岡町、岸和田市、貝塚市、羽曳野市、松原市、藤井寺市、柏原市、八尾市、東大阪市、大阪市)
————————————

賢く快適に暮らせるパッシブハウスってなんだろう?>>>