BLOG

つむぐ家のブログ

facebook

instagram

イベント情報

【つむぐ家】住宅講座 ~工務店のメリット・デメリットの比較まとめ~

こんにちは

【つむぐ家】の鈴木です。

一般の方が疑問に思う住宅のあれこれを解説するコラムです。

今回は工務店のメリット・デメリットについて解説していきます。

 

基本的にはハウスメーカーと同じで、工務店が設計と施工の両方を行います。

上記のような設計施工、現場管理等総括して工務店が行う場合がほとんどですが、

設計を外注の設計事務所が担当する場合もあります。

 

『工務店』と一口に言っても業務体系により様々なので、あくまでも一般論としてメリット・デメリットをご紹介します。

1)コスト

工務店は、維持管理コストの比較的安い小規模な会社が多いためにほぼ工事原価に近い金額で建てることができます。

またハウスメーカーのような制限がないため、狭く複雑な土地でもプランニングの自由度で安く建てることができます。

計画から引き渡しまでの期間も、設計事務所で建てるよりかはかかりませんので、仮住まい等の諸経費も抑えることができます。
工務店で家を建てる一番のメリットは、コスパの良さということができるでしょう。

しかし、どんな難しい敷地でも安く建てられるかというとそうではなく、工務店の設計力によっては欠点をカバーしきれないこともあります。

ここが各工務店の腕の見せ所といえるでしょう。

2)デザイン

ハウスメーカーと違って、法律・予算以外の制約は一切ありません。

つまり、設計事務所で建てる家と同様の設計自由度があると言えます。

デザインに関しては、好き嫌いもありますし、ピンキリといえます。全くデザインに配慮しない工務店から、【つむぐ家】のように建築家顔負けのデザイン力を持った工務店まであります。
3)品質

工務店で建てる場合、設計、施工監理をする方とされる方が同じ会社であるため、設計と施工を分業している設計事務所に比べチェック機能は薄くなってしまう場合もあります。

だからといって工務店で建てた家が欠陥住宅になりやすいというわけではありません。

法律が定まるよりはるか昔から、工務店の前身である大工の棟梁が責任施工を行ってきましたので、第三者に管理されなくとも「職人のプライドにかけて手抜きはしない!」という心意気やそれを証明する技術をもった工務店も多くあります。

また、地域密着型である工務店は、地元評判を悪くするような行為をすることはありませんし、工務店のみなさんは人のいい素朴な方がほとんどです。

最終的にはお施主様に信頼していただけた工務店が選ばれるのではないでしょうか。

4)保証

【つむぐ家】のように1ヶ月点検、3ヶ月点検、1年点検…と一定の期間で独自に床下などチェックしてくれる工務店もあり、建具の調整など細かい部分も電話一つで駆けつけてくれます。自社で設計、施工、管理もしているのでお家の状態に詳しく、最善の方法で早急に改善してくれます。

5)ローンの組みやすさ

工務店と銀行は、昔から協働関係にあり、スムーズなローン計画が可能です。

ローン計画さえ代行してくれる工務店もあります。

ただし、最近では話を持ち込んだ工務店よりも、借りる本人の信用の方がはるかに重視されますので、最終的に借りられるかどうかはあくまでも建て主本人の信用次第ということになります。

 

 

————————————
堺市の地域密着型工務店なら
SE構法で建てる注文住宅【つむぐ家】
〒599-8121
大阪府堺市東区高松323
一級建築士事務所・工務店 株式会社EMSS(エムズ)
TEL:0120-03-2701
HP:e-emss.com
施工範囲
大阪府(大阪市、東大阪市、八尾市、柏原市、藤井寺市、松原市、羽曳野市、貝塚市、岸和田市、忠岡町、泉大津市、高石市、和泉市、河内長野市、富田林市、大阪狭山市、堺市)
————————————

地震に強く耐震性能が高い家づくりに大事なことは?>>>