BLOG

つむぐ家のブログ

facebook

instagram

イベント情報

【つむぐ家】住宅講座 ~家の構造 軽量鉄骨と重量鉄骨の鉄骨造~

こんにちは

【つむぐ家】の鈴木です。

一般の方が疑問に思う住宅のあれこれを解説するコラムです。

今回は『鉄骨造』について解説していきます。

 

 

鉄骨造は柱、梁、筋かい等の構造躯体を鋼で造った構造です。

鋼とは鉄に微量の炭素を加えたもので、

硬さとねばり強さの両方を持っていますが、揺れやすく、音が響きやすいといったデメリットもあります。

 

 

[構造]

大きく分けて鉄骨造には重量鉄骨造軽量鉄骨造があります。

 

・重量鉄骨造

重量鉄骨造は、厚さ6mm以上の鉄骨を構造躯体に使い、3階建て以上の比較的大きな建物に用いられる工法です。

 

・軽量鉄骨造

軽量鉄骨造の鋼材の厚さは3mm前後です。

2階建て以下の住宅に用いられることが多く、大手ハウスメーカーで多く採用されている構造です。

 

[耐震性]

鋼は木材に比べて強度が大きく、軽量なため、揺れますが耐震性も高いといえます。

一見矛盾しているように思いますが、

耐震性が高い=揺れない

ではなく、『倒壊しにくい』と考えてください。

 

[耐久性]

一般的に耐久性に優れ、気候条件等によって異なりますが、

約40年弱位で大規模な修繕が必要と言われています。

なお、高熱に弱く500度を超えると一気に強度が落ちるという欠点や錆びやすいため、耐火処理、防水、防錆処理などの対策が必要です。

 

[施工性]

工場で加工、現場に搬入し組み立てます。鋼材は品質も一定であることが特長です。

 

[増改築]

柱と梁を動かさなければ、増改築しやすい工法です。

 

[設計自由度]

重量鉄骨造は、柱の間隔を木造よりも広くとることができるため、設計自由度は高いといえます。

軽量鉄骨造は、すっきりとした空間が可能ですが、耐力壁が必要となるため、一定の制約がでてきます。

 

[工事期間]

建築規模や条件によりますが、約0.5年程度です。工場での作業割合が多く、現場での作業が比較的短いといえます。

 

[建築コスト]

鉄鋼の国際価格に影響を受けやすい工法ですが、通常は在来工法の約1.1~1.2倍程度で、重量鉄骨造に比べて軽量鉄骨造のほうが安価です。

 

————————————
堺の注文住宅なら
高気密高断熱住宅【つむぐ家】
〒599-8121
大阪府堺市東区高松323
一級建築士事務所・工務店 株式会社EMSS(エムズ)
TEL:0120-03-2701
HP:e-emss.com
施工範囲
大阪府(堺市、大阪狭山市、富田林市、河内長野市、和泉市、高石市、泉大津市、忠岡町、岸和田市、貝塚市、羽曳野市、松原市、藤井寺市、柏原市、八尾市、東大阪市、大阪市)
————————————

賢く快適に暮らせるパッシブハウスってなんだろう?>>>