BLOG

つむぐ家のブログ

facebook

instagram

イベント情報

【つむぐ家】住宅講座 ~簡潔に、そして強く プレハブ工法~

こんにちは

【つむぐ家】の鈴木です。

一般の方が疑問に思う住宅のあれこれを解説するコラムです。

今回は『プレハブ工法』について解説していきます。

 

プレハブと聞くと

仮設住宅を想像されることが多いと思いますが、ほとんどのハウスメーカーもプレハブ工法を採用しています。

 

 

[構造]

プレハブ工法とは、工場であらかじめ生産された屋根、壁、床などのパーツを現場で組み立てる工法のことです。

木、鉄、コンクリートと材質によって分かれ、プレハブ工法をさらに進化させた、ユニット工法もあります。

ユニット工法とは、規格生産されたパーツを組み上げるのは一緒ですが、

衛生設備なども組み込まれており、箱と箱を接合するイメージです。

[耐震性]・[耐久性]

プレハブ工法にも木質系、鉄骨系、コンクリート系があり、各素材の耐震性、耐久性を備えているといえます。

→各構造の詳しい説明は過去のコラムを参照ください。

[施工性]

工場生産のため、品質が安定し、熟練した技術がなくても、マニュアル通りに施工すれば一定のレベルのものができあがります。

今までご紹介した各構造の中で一番施工性が良いといえるでしょう。

[増改築]

間取りの変更を伴う増改築は周りのパーツにも影響を及ぼし、造り替える必要がある場合がありますので向きません。

[設計自由度]

各社の基本プランを組み換える程度の自由度はありますが、敷地条件が厳しかったり、こだわりの要望を反映させるのは難しいです。

[工期]

出来合いのパーツを組み上げるだけなので、工期が短いのが特長です。規模にもよりますが一般的に約2、3ヶ月程度です。

[コスト]

基本プランのまま建てるのであれば、安価に仕上げることができます。

地盤調査や構造計算も簡易に済ませていることが多いようです。

 

————————————
堺市でエコで省エネな家づくり
自然素材の注文住宅【つむぐ家】
〒599-8121
大阪府堺市東区高松323
一級建築士事務所・工務店 株式会社EMSS(エムズ)
TEL:0120-03-2701
HP:e-emss.com
施工範囲
大阪府(堺市、大阪狭山市、河内長野市、和泉市、泉大津市、忠岡町、貝塚市、羽曳野市、松原市、柏原市、八尾市、東大阪市、富田林市、高石市、岸和田市、藤井寺市、大阪市)
————————————

パッシブハウスで自然素材を選ぶ理由とは?>>>