BLOG

つむぐ家のブログ

facebook

instagram

イベント情報

【つむぐ家】住宅講座 ~大阪で必要な断熱性能を 内断熱と外断熱~

こんにちは
【つむぐ家】の鈴木です。

 

一般の方が疑問に思う住宅のあれこれを解説するコラムです。
 
今回は「内断熱と外断熱」について解説していきます。

 

 

断熱とは外部の温度変化による影響を減らし、室内の温度を一定に保つために、屋根や壁、床から伝わる熱の流れを断ち切ることをいいます。
 

断熱の方法には2種類があり、
・構造部の内側にグラスウールなどの断熱材を詰め、家全体を包む内断熱工法

・構造部の外側にパネルタイプの断熱材を貼り、外側全体を覆ってしまう外断熱工法
とがあります。
 

2つの断熱方法に関して一般的に言われているメリット・デメリットをご紹介します。
内断熱工法
◆メリット
・ほとんどの工事業者が用いており、施工コストが安い。
・空調により温度管理しやすい
◆デメリット
・日射により温度変化しやすく、室内温度を適温にするためにエネルギーが必要。
・十分な換気をしないと居室同士の温度差が大きくなり結露を起こしやすい。
・施工の都合により効果が発揮されない部分ができてしまう場合がある。
外断熱工法
◆メリット
・日射の影響を受けにくい。
・日射による温度変化が少なく、室内温度を適温に保つためのエネルギーが少ない。
・部屋の温度差が生じにくく、結露しにくい。
・内装材の制限が無いため、コンクリート打放し仕上げなど躯体の露出が可能。
◆デメリット
・空調により快適な温度になるまでの時間を要する。
・素材によって白蟻に注意が必要。
・複雑な建物形状によっては施工の手間がかかる。
・施工コストが高い。
 

上記を踏まえ比較すると一概にどちらが優れているとは言い切れません。
しっかりと施工すればどちらもちゃんとした効果を発揮します。適した工法を選びましょう。
 
 

————————————
堺の注文住宅なら
高気密高断熱住宅【つむぐ家】
〒599-8121
大阪府堺市東区高松323
一級建築士事務所・工務店 株式会社EMSS(エムズ)
TEL:0120-03-2701
HP:e-emss.com
施工範囲
大阪府(堺市、大阪狭山市、富田林市、河内長野市、和泉市、高石市、泉大津市、忠岡町、岸和田市、貝塚市、羽曳野市、松原市、藤井寺市、柏原市、八尾市、東大阪市、大阪市)
————————————

賢く快適に暮らせるパッシブハウスってなんだろう?>>>