BLOG

つむぐ家のブログ

facebook

instagram

イベント情報

【つむぐ家】住宅講座 ~注文住宅で加入する火災保険について~

こんにちは
【つむぐ家】の鈴木です。

 

一般の方が疑問に思う住宅のあれこれを解説するコラムです。
 
今回は「火災保険」について解説していきます。

 

 

火災保険とは、火事や台風などの損害に対する保険です。
 
日本は木造家屋が多いため、火災被害が大きく、火元となった箇所の所有者に全責任を負わせるのは難しいとの理由から、重大な過失がない限り責任を問うことができないと「失火責任法」という法律により定められています。
 
つまり、もらい火によって自分の家が燃えた場合でも、自分の保険で再建しなくてはなりません。
 
かつての金融機関では、火災などによって住宅を滅失した場合でもローンの残金を回収できるように、火災保険の保険金請求権等に質権設定(※)することが融資の条件に加えられていました。
 
(※)質権とは、債権者が担保として債務者から預かり、返済がない場合に担保から優先して返済を受けられる担保物権。
 

しかし最近では、質権設定が不要になり、火災保険の加入も任意なため、お施主様自身でリスク管理をする必要があります。
 
1年契約など短期契約を結ぶ場合は、長期契約に比べ、その都度の支払い額は少なくなります。初期の出費を抑えるのか、トータルの出費を少なくするのかによっても判断が分かれます。
 
保険会社から提示された内容をきちんと確認し、万が一に備えることが大切です。

 
 

————————————
堺の注文住宅なら
高気密高断熱住宅【つむぐ家】
〒599-8121
大阪府堺市東区高松323
一級建築士事務所・工務店 株式会社EMSS(エムズ)
TEL:0120-03-2701
HP:e-emss.com
施工範囲
大阪府(堺市、大阪狭山市、富田林市、河内長野市、和泉市、高石市、泉大津市、忠岡町、岸和田市、貝塚市、羽曳野市、松原市、藤井寺市、柏原市、八尾市、東大阪市、大阪市)
————————————

賢く快適に暮らせるパッシブハウスってなんだろう?>>>