BLOG

つむぐ家のブログ

facebook

instagram

イベント情報

【つむぐ家】住宅講座 ~おしゃれな注文住宅にするポイント 床材編 テラコッタタイルの特徴~

こんにちは
大阪の工務店&一級建築士事務所【つむぐ家】の鈴木です。

 

一般の方が疑問に思う住宅のあれこれを解説するコラムです。
 
今回は「おしゃれな注文住宅にするポイント 床材編 テラコッタタイルの特徴」について解説していきます。

 

 

◆テラコッタタイル
天然土を素焼きした大型タイルのことを言い、土の温かみと素朴な質感が魅力といえます。
温暖で乾燥した地域でよく使われる素材で、南欧風住宅やインテリアを連想させる床材です。
ポーチやテラスをはじめ、リビングやキッチンなど様々な場所に使われていますが、
原料が土なだけに吸水性が高いので、水廻りに用いる場合は撥水処理を行いましょう。また、吸湿性も高く、調湿効果も期待できますが、余りにも湿気の多く、風通しの悪い場所ではコケやカビが発生しやすいので、日当たりの良い場所に採用しましょう。
テラコッタタイルには2種類の焼き方があります。
 
【手焼き】
一枚ずつ天日干しした後に低温で焼き上げる方法。
手づくりのため、色やサイズ、輪郭などにバラツキがありますがテラコッタ本来の質感があります。
 
【機械焼き】
大量生産のため高温で一気に焼き上げた後に適当なサイズに切断する方法。
安価で形や色が整っていますが、手焼きに比べ、テラコッタ本来の魅力は薄れます。
 
 

————————————
堺の注文住宅なら
高気密高断熱住宅【つむぐ家】
〒599-8121
大阪府堺市東区高松323
一級建築士事務所・工務店 株式会社EMSS(エムズ)
TEL:0120-03-2701
HP:e-emss.com
施工範囲
大阪府(堺市、大阪狭山市、富田林市、河内長野市、和泉市、高石市、泉大津市、忠岡町、岸和田市、貝塚市、羽曳野市、松原市、藤井寺市、柏原市、八尾市、東大阪市、大阪市)
————————————

賢く快適に暮らせるパッシブハウスってなんだろう?>>>