BLOG

つむぐ家のブログ

facebook

instagram

イベント情報

【つむぐ家】住宅講座 ~高い家、安い家 土地について~

こんにちは
【つむぐ家】の鈴木です。

 

一般の方が疑問に思う住宅のあれこれを解説するコラムです。

今回は「高い家、安い家 土地について」について解説していきます。

 

 

注文住宅はお施主様のご希望次第で金額が上下しますが、その基本となる価格は土地や建物の形状、面している道路などの条件に影響をされます。

 

つまり、建物はシンプルなほど安く建てることができ、複雑になればなるほど金額が上がるということです。

複雑になることにより工事手間が増え、たとえ同じ床面積でも工事金額が加算されていきます。

 

また、木造が最も安く建てることができます。
言い換えると、木造以外の構造が増えれば増えるほど、割高となります。

 

それらに影響を与える条件は以下の通りです。

 

◆土地形状

四角形で、正方形に近ければ近い土地ほど安く建てることができます。
後述するように、正方形の建物が最も安く建てることができますので、それに対して正方形の土地はムダが生じないからです。
例えば、三角形の土地に収まる四角い建物を建てようとすると、同じ床面積であれば四角い土地よりもより多くの土地面積を必要とし、土地代だけでなく外構費もかさみます。

また、四角い土地は前面道路にある程度の長さが接していますので、工事の効率も上がります。

その他、土地と前面道路に高低差がある場合、擁壁工事費や外構費が余計にかかる場合があります。

 

◆前面道路

前面道路が一定以上の幅があると安く建てることができます。
前面道路が狭いと道路斜線制限によって建物が削られ、形が複雑になります。

 

◆土地の大きさ

建物に対して狭すぎず、広すぎずが最も安く建てることができます。
土地が狭いと斜線制限によって建物が削られて複雑な形になり、一方広すぎると外構にお金がかかります。

 

 

———————-

堺市の地域密着型工務店なら
SE構法で建てる注文住宅【つむぐ家】
〒599-8121
大阪府堺市東区高松323
一級建築士事務所・工務店 株式会社EMSS(エムズ)
TEL:0120-03-2701
HP:e-emss.com
施工範囲
大阪府(大阪市、東大阪市、八尾市、柏原市、藤井寺市、松原市、羽曳野市、貝塚市、岸和田市、忠岡町、泉大津市、高石市、和泉市、河内長野市、富田林市、大阪狭山市、堺市)
————————————

地震に強く耐震性能が高い家づくりに大事なことは?>>>