BLOG

つむぐ家のブログ

facebook

instagram

イベント情報

自然の力を活かしたEMSSの家 気密測定のお話

こんにちは

堺市での優良工務店を目指している、株式会社EMSSの安田です。

先日、堺市南区槙塚台の二世帯住宅で「気密測定」を実施しました。

 

EMSSのお家は「自然の力を最大限生かすお家」ですsei
そのために、設計や断熱など様々な工夫をしていますが、そのうちの一つが今回測定した「気密」です。

 

お家の気密は、お家の中にどれくらいの隙間があるかどうかで決まります。
このお家の気密を表す数値を「C値」といい、1㎡あたり何㎠隙間があるかを表します。

「最近のお家なら隙間風が吹いたりしないだろうし、隙間なんてないはず!」と思うかもしれませんが、
実はお家の中には見えないところに色々な隙間がありますビックリマーク

例えば、窓と壁の間、コンセントと壁の間など意外とお家には隙間があります。
こうした隙間がたくさんあると、知らないうちにそこから空気が出入りしてしまいます風

そういった目に見えない隙間がたくさんあると、

クーラーを入れても涼しくならない、暖房をつけてもお部屋が温まりにくくなってしまいますえーん

そこで、EMSSの注文住宅では、気密性能を高めることで、省エネで快適な新築一戸建ての住宅を作っていますsei
今回行った気密測定は、完成後だけではなく、家を建てる間にも1度行います。

 

工事中にも測定することで、お家の隙間を見つけてふさぐことができ、

より気密性の高いお家にすることができます!!
今回のお家ですと、工事中はC値が0.9㎠/㎡だったのが、

完成後の測定ではC値0.6㎠/㎡と、C値を下げることができました。

これは、延べ床面積30坪のお家とすると、家じゅう全部の隙間を集めても、はがき1枚に満たないほどの大きさです。
ちなみに法律で定められた基準はC値5.0㎠/㎡。
比べるとこのくらいの差があります

この差がお家の快適さや光熱費を大きく変えていく差になります。
快適なお家づくりのために、こういった目に見えない部分でも

EMSSはこだわりを持ってお家づくりをしています!

快適なお家のためには、他にも様々な工夫がありますので、

ご興味ある方はぜひ一度EMSSのお家づくりについて聞きに来てみてくださいね。

個別相談会は予約いただければ、いつでも開催しまています!