Interview with the owner

お施主様インタビュー

facebook

instagram

イベント情報

INTERVIEW

「光のスペース」のある大阪市福島の3階建て住宅インタビュー

家づくりの想いは、生まれ育った場所に

家づくりの想いは、生まれ育った場所に

市内で暮らすことを考えたときにマンションをイメージしたけれど、
一軒家が憧れだったというご夫婦は、高知県のご出身で、この家を建ててやっぱり一軒家にして良かったと笑顔で話してくれました。
モノトーンと木を組み合わせたモダンデザインなこの家は、旦那様のこだわりが詰め込まれたお家で、家づくりに対し熱心に勉強されていた思いをカタチにしたものです。

EMSSの家のイメージ画像

  • EMSSの家のイメージ画像
  • EMSSの家のイメージ画像
  • EMSSの家のイメージ画像
ふるさとの木を使うということ

奥さんが木の一枚もののテーブルをどうしても入れたいという気持ちに応えて、
旦那さんが自ら地元の高知県から立派なけやきの木の天板を取り寄せ、それを使用したテーブルを設置しました。奧さん想いな旦那さんに答え、カウンターも桜の木でおしゃれにコーディネートしました。そんな旦那さんは職業柄朝が早く、15時頃におうちに帰ってきて、外壁の木の格子で和らいだ西日を感じて一息つくのが大好きだそうです。

EMSSの家のイメージ画像

  • EMSSの家のイメージ画像
  • EMSSの家のイメージ画像
  • EMSSの家のイメージ画像
くつろげる私だけの場所

お料理好きの奥様は、キッチンからの景色が一番のお気に入り。
キッチンに設けた窓に飾っている絵は、イタリアに新婚旅行に行った際に買ったもので、窓との組み合わせが料理をしている時に見える度に嬉しくなるそうです。また、お皿が好きな奥様のために小さな家だけれど収納を多く用意しているので、整理整頓ができて気持ちよく過ごせるとお話ししていただけました。

EMSSの家のイメージ画像

狭くても広さを感じるための工夫

リビングは随所に木を感じる工夫をプランに取り入れているので、
モダンな空間なのにいつもどこでも安心感があり、ご夫婦揃ってリビングがお気に入りの場所です。そのリビングにはオープン空間に階段を設けていて、ガラス張りで広々とした「光のスペース」でこのお家の代名詞とも言える場所になっています。

EMSSの家のイメージ画像

家づくりを通して感じたこと

家づくりで一番苦労したのは、土地探し。プロのアドバイザーや工務店と一緒に探したわけではなかったので、なかなかいい土地が見つからなかったのと、イメージが湧かなかったこと。家づくりをしてもらう人と一緒に探していればもっと楽だったのかなという印象はあります。また、工務店選びで大切にしたことをお伺いすると、とにかく人柄だったそうです。このお家を建てた堺市のEMSS「つむぐ家」の設計士である仁田さんがとても物腰が柔らかくて、建てる前も建ててからも仁田さんで本当に良かったとご夫婦が口を揃えてお話しされていたのが印象的でした。

  • M様邸の詳細
    所在地 大阪市福島区
    家族構成 2人家族
    新築工事 2017年12月
    規模 延べ床面積110㎡
  • EMSSの家のイメージ画像


こちらの実例【NO.218 大阪市福島の3階建て住宅】を見る>>>

OTHER INTERVIEW

他のインタビューを見る