BLOG

つむぐ家のブログ

facebook

instagram

イベント情報

【つむぐ家】住宅講座 ~注文住宅で防音室を建てるポイント~

こんにちは
【つむぐ家】の鈴木です。

 

一般の方が疑問に思う住宅のあれこれを解説するコラムです。
 
今回は「防音室」について解説していきます。

 

 

防音室が欲しいと思っている方は意外と多いのではないでしょうか。
 
ホームシアターや音楽室など、趣味活動を広げていく上で防音室はあこがれであり、また金額も安くはないことから、しっかりと計画を立てることが大切です。
 
 
構造
防音室とは簡単に言えば、魔法瓶のような部屋をつくることです。
壁や床の中に空間をつくって、内側の振動を外側に伝えないようにします。
防音室は音だけを気にすればよいわけではなく、厳密なオーディオルームを作ろうとする時は、室内の音響効果も大切な要素です。
 
 
一方で、楽器の練習に使う部屋は、残響しない状態にしますので、大量の吸音材を貼らねばならず、部屋が狭くなります。
 
 

新築やリフォーム時に計画しなければいけない。ということはありません。
そのような場合、以下の方法があります。
 

DIYでつくる
ギターの練習くらいの音量であれば、ウレタンマットで室内を包むことで、ある程度の防音を施すことは可能です。絶対的な防音性能は保証できませんが、安く手っ取り早くできる方法だと思います。
 
防音ユニットを使う
それほど面積は必要ないのでしたら、防音ユニットを使うのも良いでしょう。
性能や面積によって異なりますが、デスク程度の大きさのものから50万円~200万円ほどで設置できます。
 
 
上記の方法だといくつか制限が出てくる場合もありますので、
やはり当初の計画段階から考慮した設計を施すことが確実だとおもいます。
 
 

————————————
堺の注文住宅なら
高気密高断熱住宅【つむぐ家】
〒599-8121
大阪府堺市東区高松323
一級建築士事務所・工務店 株式会社EMSS(エムズ)
TEL:0120-03-2701
HP:e-emss.com
施工範囲
大阪府(堺市、大阪狭山市、富田林市、河内長野市、和泉市、高石市、泉大津市、忠岡町、岸和田市、貝塚市、羽曳野市、松原市、藤井寺市、柏原市、八尾市、東大阪市、大阪市)
————————————

賢く快適に暮らせるパッシブハウスってなんだろう?>>>