BLOG

つむぐ家のブログ

facebook

instagram

イベント情報

【つむぐ家】住宅講座 ~使いやすいトイレとは~

こんにちは

【つむぐ家】の野村です。

 

一般の方が疑問に思う住宅のあれこれを解説するコラムです。

今回は、「使いやすいトイレとは」について解説していきます。

 

 

◆トイレのプランをたてる

将来のことを思うとどのようなトイレにすればいいか考えますよね。

介護が必要になるかもしれない・車いすでも利用できるようにしたいなど様々ですが、安全性などを考えて計画することが大切です。

 

【広さ】

〈0.75畳~1畳タイプ〉

幅が約80㎝、奥行きが120㎝~160㎝の一般家庭でよく使用されているトイレサイズです。

前方の壁から便器までの幅が50㎝以上あれば立ち座りが可能です。

手洗い付きの便器ではなく小型の手洗い器を使用することも可能ですが、狭く感じるかもしれません。

 

〈1.5畳タイプ〉

幅が120㎝、奥行きが160㎝のトイレサイズです。

1畳タイプより広いので、パウダールーム用のカウンター付手洗い器や収納を設置することができます。

また、介護者が付き添うことができるスペースが確保できます。

 

〈2畳タイプ〉

幅・奥行きが160㎝のトイレサイズです。

これくらいのスペースになると、男性用の小便器を設置することができます。

 

【トイレの入り口】

トイレの入り口のドアは「外開きドア」または「引戸」にするのが良いといわれています。

なぜなら、もしもトイレの中で倒れてしまった場合を考えると救助するのに「内開きドア」に倒れた人が引っかかってドアを開けれなくなるからです。

ドアのサイズは通常幅は60㎝~75㎝ですが、車いすなど使用する場合は幅80㎝~85㎝とドアも大きいほうが良いです。

 

【その他】

床や壁は、汚れなど掃除がしやすく耐水性のある素材を選ぶことが大事です。

何度も使用するトイレなので、普段使用するトイレットペーパーや収納などの位置をチェックし、使いやすいようにしましょう。

 

 

————————————
堺の注文住宅なら
高気密高断熱住宅【つむぐ家】
〒599-8121
大阪府堺市東区高松323
一級建築士事務所・工務店 株式会社EMSS(エムズ)
TEL:0120-03-2701
HP:e-emss.com
施工範囲
大阪府(堺市、大阪狭山市、富田林市、河内長野市、和泉市、高石市、泉大津市、忠岡町、岸和田市、貝塚市、羽曳野市、松原市、藤井寺市、柏原市、八尾市、東大阪市、大阪市)
————————————

賢く快適に暮らせるパッシブハウスってなんだろう?>>>