BLOG

つむぐ家のブログ

facebook

instagram

イベント情報

地震に強い家のポイント

こんにちは

【つむぐ家】の野村です。

一般の方が疑問に思う住宅のあれこれを解説するコラムです。

今回は、「地震に強い家のポイント」について解説していきます。

 

 

土地を見つけたら次は家を建てないといけませんが、どのようにして地震に強い家を建てたらいいのか分からないですよね。

 

地震に強い家にするために必要なポイントは、強い柱・強い壁・強い床です。

 

柱は、建物の重要な骨組みとなります。

柱を太くして地震に強くはなりますが、垂直の力しか強くありません。

 

壁は、柱だけでは支えることができない横方向(水平)の力に耐えるためと雨風を防ぐ働きをします。

しかし、バランスよく壁の設置をしないと家全体が崩れやすくなります。

 

床は、下からかかる力に耐え壁にかかる横方向の力をうまく伝える役割があります。

床が軟弱だと地震の時に家に水平の力がかかりますので、建物にねじれが生じやすく潰れやすくなってしまいます。

 

以上3点を守っていれば地震に強い家ができると思われがちですが、最も重要なことがバランスのとれたシンプルな家です。

 

部屋の間取りや形が凸凹の多い建物、1階の部屋を仕切る壁がなく柱のみの構造(駐車場など)、1階よりも2階・3階がせり出て広い構造などは、地震の力が分散されず倒壊する危険性が最も高いからです。

 

一度家を建ててしまうとなかなか建て替えることができません。

しっかりと考えて、地震に強く、安心安全な家を建てることが大事です。

 

 

 

————————————
堺市の地域密着型工務店なら
SE構法で建てる注文住宅【つむぐ家】
〒599-8121
大阪府堺市東区高松323
一級建築士事務所・工務店 株式会社EMSS(エムズ)
TEL:0120-03-2701
HP:e-emss.com
施工範囲
大阪府(大阪市、東大阪市、八尾市、柏原市、藤井寺市、松原市、羽曳野市、貝塚市、岸和田市、忠岡町、泉大津市、高石市、和泉市、河内長野市、富田林市、大阪狭山市、堺市)
————————————

地震に強く耐震性能が高い家づくりに大事なことは?>>>