BLOG

つむぐ家のブログ

facebook

instagram

イベント情報

今すぐできる、パッシブデザインのある暮らし

こんにちは。

大阪のパッシブハウス・注文住宅【つむぐ家】の吉田です。

今回は自宅ですぐに実践できる「パッシブデザイン」、暮らしの工夫についてお話します。

 

 

①カーテン・ロールスクリーン・透明の断熱シート

カーテンなどは目線を遮るだけでなく、家の断熱性能を上げることにも役立ちます。

リビング等の主な窓だけでなく、廊下なども含めたお風呂を除く全ての窓につけましょう。

 

冬の日中は日差しの入る面のカーテンを開けて日差しをしっかりと家に取り込みましょう。

太陽からの日射熱が室内を温めてくれます。

夜はしっかりとこれらを閉じて、熱が外に逃げにくくしましょう。

 

夏の場合は逆に日差しをキチンと遮ってあげることが大事です。

直射日光がさす面の窓は思い切ってカーテンを閉めてしまいましょう。

 

②気流

家の中を通る風の流れを意識しましょう。

2階建ての戸建てであれば、下の階と上の階の窓、途中の室内ドアを開けることで風が下から上へと流れます。

夏場は風の流れを意識してこもった暑い空気を外に出しましょう。

マンション・アパートの場合は、家の南面と北面の窓をそれぞれ空けることで風を通すことが出来ます。

③換気

気流とは違い、家の中での呼吸やハウスダスト、調理時の排気を外に出し、外から新鮮な空気を取り込むことで、結露やカビの発生を予防しアレルギーを軽減することもできます。

マンションや戸建てについている「換気口」を閉じていませんか?風が入ってくるからと閉じていませんか?

これは室内の空気を新鮮に保つのに大事な物なので、閉じずに常に開けておきましょう。

コンクリート造のマンションなどで換気扇を回すと窓やドアが重くなるお家は、給気不足が原因ですので、キチンと給気口を確保しましょう。

 

また、家に「24H換気扇」が無いお家は、トイレやお風呂の換気扇を常時まわしておくことで、強制的に家の空気を換気し外から空気を流入させることができます。

お風呂は湿気が篭もりがちでカビの原因にもなるので、常に換気扇を回すことは効果的です。

 

これらはすぐに家で実践できることで、室内をより快適にすることが出来ますので、

是非試してみてください。

 

 

 

【つむぐ家】吉田貴仁

————————————
堺市でエコで省エネな家を建てるなら
性能や断熱にこだわった注文住宅【つむぐ家】
〒599-8121
大阪府堺市東区高松323
一級建築士事務所・工務店 株式会社EMSS(エムズ)
TEL:0120-03-2701
HP:e-emss.com
施工範囲
大阪府(堺市、富田林市、和泉市、泉大津市、岸和田市、羽曳野市、藤井寺市、八尾市、大阪市、大阪狭山市、河内長野市、高石市、忠岡町、貝塚市、松原市、柏原市、東大阪市)
————————————

高気密高断熱な家づくりに必要な考え方は?>>>