BLOG

つむぐ家のブログ

facebook

instagram

イベント情報

堺市 大きな吹抜けのある家(その5) 造作家具を作成しました。

こんにちは。パッシブハウス【つむぐ家】の仁田です。

着々と工事が進んでいる『大きな吹抜けのある家』ですが、

今回のブログはお家本体の工事からは一旦離れて、家具の回といたします。

 

つむぐ家は オーダーメイド家具も作成しております。

お客様の好み・お家の雰囲気・置く場所のサイズ感にピッタリの家具をご提案いたします。

既製品の家具では場所に合わせて探しても 寸法が決まっているので、どうしても若干の隙間ができてしまいますよね。

この小さな隙間に埃が溜まったりで掃除もやりにくい!

オーダーメイド家具はこんなお悩みも解決いたします。

 

今回は、キッチンの収納『カップボード』をご依頼いただきました。

完成の写真がこちら。

 

 

リビングとキッチンの仕切りになっており、リビング側からも収納として使用可能です。

 

キッチン側からの写真はこちら。

 

 

食器等を収納する引き出しと、ごみ箱スペース、食事や軽作業ができるカウンタースペース。

気づいた方もおられると思いますが、カウンター上部の背面はタイル張りになっています!

アクセントにタイルを使って、カフェ風に仕上がりました!

 

木の材種だけではなく、ほかの素材と組み合わせて造ることができるのも造作家具の特徴です。

今回は『ナラ』という材種を使用させていただきました。

ナラ?と思った方はドングリの木と思ってください。厳密にはドングリにもたくさんの種類がありますが、私たちがパッと頭に浮かぶドングリはナラの木の実だそうです。

 

 

ほかにもいくつか造らせて頂いたものを紹介いたします。

 

 

キッチンの吊棚です。

手元が暗くなってしまうので、棚板にダウンライトを埋め込みました。

 

 

 

 

テレビスペースです。

下部の棚にはデッキ機器類の配線を目立ちにくくするため、

棚板と壁の間に配線が通るくらいの隙間を設けました。

上部の棚には緑を飾るとおしゃれですね!!

 

つむぐ家の造作家具は全体の大きさ、形はもちろんのこと、棚板1枚1枚お客様方のご要望に沿って設計し、心を込めて手づくりしております。

ぜひご依頼くださいませ。

 

 

次回、『大きな吹抜けのある家』はいよいよ完成&お引渡しになります。お楽しみに!

 

1級建築士 仁田啓介

————————————
堺市でエコで省エネな家づくり
自然素材の注文住宅【つむぐ家】
〒599-8121
大阪府堺市東区高松323
一級建築士事務所・工務店 株式会社EMSS(エムズ)
TEL:0120-03-2701
HP:e-emss.com
施工範囲
大阪府(堺市、大阪狭山市、河内長野市、和泉市、泉大津市、忠岡町、貝塚市、羽曳野市、松原市、柏原市、八尾市、東大阪市、富田林市、高石市、岸和田市、藤井寺市、大阪市)
————————————

パッシブハウスで自然素材を選ぶ理由とは?>>>