BLOG

つむぐ家のブログ

facebook

instagram

イベント情報

窓ガラス「熱割れ」について

こんにちは。大阪の高気密高断熱な注文住宅【つむぐ家】の安田です。

みなさん、窓ガラスの「熱割れ」現象をご存じでしょうか?

ある時ふと窓ガラスに目をやると、何か当てた覚えもないのにガラスが割れている!

びっくりしますよね。

窓ガラスの「熱割れ」は直射日光や冷暖房などがガラス面にあたることでの温度差によって、

ガラスが膨張して割れてしまう現象です。

図のように日光や冷暖房によって熱せられた部分のガラスが膨張し、サッシなどに隠れている部分は膨張しないということになります。

その膨張している部分としてない部分の膨らみの差が限界を迎えるとガラスは割れてしまいます。

「熱割れ」が冬に起こりやすいのも冬は気温が低いため、熱が当たった部分と当っていない部分の温度差が大きくなるためです。

また『網入りガラス』はとくに「熱割れ」が起こりやすいガラスです。

その理由は中に金属製のワイヤーが入っているため、熱が伝わりやすくなって膨張しやすくなるからです。

 

でも、ちょっとした工夫や少し気をつけるだけで窓ガラスの「熱割れ」を予防することができます。

ポイントは同じガラス内で温度差を無くすことです。

熱を吸収する、熱がこもりやすくなる要因を少しでも減らすための策を4つ紹介いたします。

1. 窓ガラスにシールや遮熱フィルムを貼らない

2. 冷暖房を直接ガラスに当てない

3. 家具や家電を窓ガラス付近に設置しない

4. 黒っぽい色のカーテンをかけない

これぐらいだったらすぐできそうですね!

 

稀に起こる「熱割れ」ですが、起こってしまうとガラスの交換しか方法がない上、ほとんどのサッシメーカーでは保証対象外になってます。

でもご加入されてる火災保険によっては『予測不能で突発的な事故』として保険が適用できることがあります。

起こって欲しくない「熱割れ」ですが万一起きてしまった時は一度火災保険が使えるかどうか、保険会社に問い合わせてみることをおすすめします。

とりあえず上記4つの予防法を実践してみて下さいね。

【つむぐ家】 二級建築士 安田典弘

————————————
堺の注文住宅なら
高気密高断熱住宅【つむぐ家】
〒599-8121
大阪府堺市東区高松323
一級建築士事務所・工務店 株式会社EMSS(エムズ)
TEL:0120-03-2701
HP:e-emss.com
施工範囲
大阪府(堺市、大阪狭山市、富田林市、河内長野市、和泉市、高石市、泉大津市、忠岡町、岸和田市、貝塚市、羽曳野市、松原市、藤井寺市、柏原市、八尾市、東大阪市、大阪市)
————————————