BLOG

つむぐ家のブログ

facebook

instagram

イベント情報

玄関ドアの正解は?

こんにちは

大阪 堺の注文住宅【つむぐ家】の田中です。

今日はどこのお家にも必ずある「玄関扉」についてお話しします。

そして最後に “お勧めの玄関ドア” をご紹介させて頂きます。(約3分で読めますよ)

 

みなさんのお家の玄関扉は
開きドア」それとも「引き戸」でしょうか?
元々日本は「引き戸」文化ですので、昔は引き戸のお家がほとんどでした。
最近は「ドア」が多くなっていますね。

 

それぞれメリットデメリットありますが、家の断熱性を考えると引き戸、ではなく、ドア一択となります。

 

<引き戸のメリット>

引き戸は開閉時に少しの力で開け閉めが可能。扉が壁に沿って動く為、体をよける必要の無いとても便利な扉です。車椅子の出入りも非常にしやすくバリアフリーの観点からも有効です。

 

<開きドアのメリット>

気密性」の高さに尽きます。開きドアは閉めた時に扉全面が建物に密着しスキマができません。その為、外の冷たい空気が入ってきて玄関ホールが寒くなるということもありません。暑さに対しても同様です。(玄関引き戸では閉めた時の室内空気の漏れ、外気の流入を止めることができません。)

 

いつも私がお客さまにお伝えしていることは

「住まいの性能にとって、気密性 は 断熱性 よりも重要」ということです。

 

なぜなら、
老後も健康的に暮らすために健康寿命を延ばし、
持続可能な社会の為に冷暖房エネルギーを無駄にしない、
そのような住まいをつくる為に気密性能は外せないからです。

 

こんな経験をされたことはありませんか?
冬に暖かいリビングから玄関ホールに向かうだけで上着が必要なくらい寒い・・・
夏に玄関の靴を整理するだけで汗だくになる・・・

 

その最大の理由は玄関扉の性能にあると言っても過言ではありません。

 

<暖かい家に住むこと = 基本的な人権である>

スウェーデンやドイツ、イギリス等の国ではこのような考えから、室温18度以上でなければならない、といったことが法律で定められています。

 

ではどのような玄関ドアがいいのでしょう。

最後におすすめの玄関ドアを一つご紹介いたします。

それは「ガデリウス」のスウェーデンドア です。

日本製の玄関ドアでも、高断熱タイプという比較的性能の高いドアはありますが、断熱性能を示すU値はまだまだスウェーデンドアには及びません。

 

つむぐ家では、寒く暑い玄関ホールを、快適な室内空間とする為に、スウェーデン製の玄関ドアにこだわっています。このドアはとにかく断熱気密性が高く外の冷気や暖気が家の中に入ってくるのを防いでくれます。

 

「住まいづくり」というのは、機能性快適性持続可能性など吟味し、未来の”豊かな暮らし”の為の最適解を考えること。

 

未来の為に素敵な住まいづくりをはじめましょう。

 

————————————
富田林市でエコで省エネな家を建てるなら
性能や断熱にこだわった注文住宅【つむぐ家】
〒599-8121
大阪府堺市東区高松323
一級建築士事務所・工務店 株式会社EMSS(エムズ)
TEL:0120-03-2701
HP:e-emss.com
施工範囲
大阪府(堺市、富田林市、和泉市、泉大津市、岸和田市、羽曳野市、藤井寺市、八尾市、大阪市、大阪狭山市、河内長野市、高石市、忠岡町、貝塚市、松原市、柏原市、東大阪市)
————————————

高気密高断熱な家づくりに必要な考え方は?>>>