BLOG

つむぐ家のブログ

YouTube

instagram

イベント情報

地球温暖化の原因が確定

 

地球温暖化の原因はどっち?

こんにちは。田中です。

今月、日本各地が歴史的な豪雨により甚大な被害を受けてしまいました。実際に被害に会われた方々には心よりお見舞い申し上げます。

今回は、その原因とされる「地球温暖化」について新しい情報をお伝えします。

 

”どうすればこの問題を改善できるのか” 考えるきっかけになれば幸いです。

 

今後、地球温暖化が進めば進むほど、世界各地で熱波豪雨といった「極端現象」の頻度や強さが増す事が明らかになっています。

 

 

 

”地球温暖化” の原因には次の二つの説がありましたが、どちらが正しいのかずっと不明でした。

1   単なる「自然現象」という説

2   私達「人間の活動」が原因だという説。

 

それぞれ

前者は人間の責任ではない
後者は人間に責任がある

と言い換えることができます。

 

もし私達人間に責任があるなら、即原因となる活動を改めなければならないという事になるのですが、専門家の間で長年議論がかわされる中で、温暖化はどんどん加速して来ました。

 

 

〜人間が原因というのは本当?〜

(Photo by Marek Piwnicki on Unsplash)

 

世界各国の科学者でつくる国連IPPCが2021年8月9日に初めて原因を断定。この議論に終止符を打ちました。

「人間の影響が大気、海洋および陸域を温暖化させてきたことには疑う余地がない」と。

 

 

【原因が明確になり改善が加速】

原因が不明確なままではいつまでも、”地球温暖化” という課題を的確に解決することができませんでした。もしこのまま解決できなければ、私達は地球に住み続けることができなくなってしまいます。

 

 

〜地球温暖化対策〜

地球温暖化の原因は、主に空気中の二酸化炭素とメタンガス等(温室効果ガス)が増えすぎたのが主な原因です。

 

これらを増やしてしまったのは私たち人間の責任。これまでの私達の活動を改め、今から何ができるかを考え、即実践していく事が求められています。

これは世界の問題なので、現在世界中でこの二酸化炭素を昔の状態にもどす取り組みが急ピッチで進んでいます。

 

そこで現在、日本を含む120か国以上の国が、2050年までのカーボンニュートラル実現を表明しています。

 

 

 

〜カーボンニュートラル〜

 

・カーボン   =炭素
・ニュートラル =中立、多くも少なくも無い状態

「我が国は、2050年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、すなわち2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指すことを、ここに宣言いたします」

 

これは2020年10月におこなわれた、菅総理の所信表明演説の内容です。

日本が目指す「カーボンニュートラル」は、宣言の通り二酸化炭素だけでなく、メタン、N2O(一酸化二窒素)、フロンガスを含む「温室効果ガス」を対象にするという意味です。

 

また「全体としてゼロに」とは、「排出量から吸収量と除去量を差し引いた合計をゼロにする」ことを意味します。

 

つまり、排出を完全にゼロに抑えることは現実的に難しいということ。

 

そのため、排出せざるを得ない分については、それと同じ量を「吸収」または「除去」することで、差し引きゼロ、を目指すという事です。

 

 

〜私達はどうすればいいの?〜

 

まずは正しい情報を収集し知ること。そしてそれを周りの大切な人へ伝えることからはじめましょう。

 

そして、できれば今後は再生可能エネルギー(太陽光や風力)の電力を活用し、石油由来のエネルギー(発電所の電力)を無駄にしないように暮らしていく事が求められます。

 

すでにたくさんの企業が持続可能な社会の為に、SDGカーボンニュートラルに取り組んでいます。一つでもそのような企業から日用品を購入することも協力になります。

————————————
奈良の注文住宅なら
高気密高断熱住宅【つむぐ家】
HP:e-emss.com
施工範囲
大阪府(堺市、大阪狭山市、富田林市、河内長野市、和泉市、高石市、泉大津市、忠岡町、岸和田市、貝塚市、羽曳野市、松原市、藤井寺市、柏原市、八尾市、東大阪市、大阪市)
————————————

賢く快適に暮らせるパッシブハウスってなんだろう?>>>