BLOG

つむぐ家のブログ

YouTube

instagram

イベント情報

あか抜けた部屋の照明ってどんなの?

こんにちは

大阪の工務店&一級建築士事務所【つむぐ家】の硲野です。

一般の方が疑問に思う住宅のあれこれを解説するコラムです。

今回は「照明」について解説していきます。

新築時やリノベーションの際はもちろん、

賃貸のお家でも今回ご説明するポイントをおさえるだけで、

お部屋が一気にあか抜けた雰囲気になります。


まずは、1つ目!

ひと言で表すと「一室多灯」

つまり、ひとつのお部屋に複数の照明器具を配置する方法です。

よくあるシーリングライトがひとつだけ点いているようなお部屋の場合、

どうしてもお部屋の雰囲気が、「単調」で「さみしい」雰囲気になりがちです。

そこで、シーリングライトをペンダントライトへ変更し、

明るさが足りないところには、フロアスタンドやスポットライトを追加してみてください。

すると、光の印影でお部屋が立体的になり、奥行き感が生まれ、

一気にあか抜けたお部屋に変身します。

しかも奥行き感が出ることで、お部屋が広く見えるという効果まで!

上記のお家は、ペンダントライト、フロアスタンド、スポットライト、ダウンライトを組み合わせた照明計画です。

特に、フロアスタンドがとても効果的にお部屋を立体的に見せてくれていますね^^


そして、2つ目のポイント!

「ペンダントライトは低く吊るす」です。

高さは、テーブル面から照明の下部まで60~80㎝がベスト!

最初は少し引く感じる方もいるかもしれないですが、

テーブルの上や、人の表情を明るく照らしてくれるので、一気に雰囲気の良いお部屋になります。

いかがでしたでしょうか?

ご紹介した2つのポイントを参考に、ご自身のお部屋で一度チャレンジしてみてください^^

————————————
堺市でエコで省エネな家づくり
自然素材の注文住宅【つむぐ家】
〒599-8121
大阪府堺市東区高松323
一級建築士事務所・工務店 株式会社EMSS(エムズ)
TEL:0120-03-2701
HP:e-emss.com
施工範囲
大阪府(堺市、大阪狭山市、河内長野市、和泉市、泉大津市、忠岡町、貝塚市、羽曳野市、松原市、柏原市、八尾市、東大阪市、富田林市、高石市、岸和田市、藤井寺市、大阪市)
————————————

パッシブハウスで自然素材を選ぶ理由とは?>>>