BLOG

つむぐ家のブログ

YouTube

instagram

イベント情報

ゴミを収納するという感覚

こんにちは

大阪 富田林市の注文住宅【つむぐ家】の堀です。

一般の方が疑問に思う住宅のあれこれを解説するコラムです。

今回は「昨今のゴミ事情」について解説していきます。

ペットボトルや缶・瓶、燃えるゴミと不燃物などゴミの分別が当たり前となっている昨今、回収日までゴミを保管しておく場所が必要になっています。

ゴミを見える場所には置きたくないものです。

地域により分別方法は違いますが、富田林市の主な分別は

 ・ペットボトル →洗って乾かしラベル・キャップははずす

 ・缶、瓶 →洗って乾かす

 ・紙パック(牛乳パック) →洗って乾かし、切り開く

 ・プラスチック →食品トレーなど汚れていれば洗って乾かす

 ・新聞、雑誌、段ボール →最近は無料の回収ボックスをよく見かける様になりました

 ・燃えるゴミ(生ごみなど)

 ・不燃物(粗大ごみなど)

上記のように、ほとんどの分別に洗って乾かすという工程が入っています。

不潔になるゴミは生ごみくらいですね。

きれいな状態であれば、ゴミというよりエコ資源という感覚を持つことができ、パントリーなどに保管・収納することに抵抗がなくなりますよね。

注文住宅プランの時点でパントリーやシューズクロークなどにゴミの収納場所を確保すると入居後に、「しまったゴミの置き場所がない!」という事態を回避できます。

今後の注文住宅プランの参考にしてみてくださいね。

————————————

堺市でエコで省エネな家づくり

自然素材の注文住宅【つむぐ家】

〒599-8121

大阪府堺市東区高松323

一級建築士事務所・工務店 株式会社EMSS(エムズ)

TEL:0120-03-2701

HP:e-emss.com

施工範囲 大阪府(堺市、大阪狭山市、河内長野市、和泉市、泉大津市、忠岡町、貝塚市、羽曳野市、松原市、柏原市、八尾市、東大阪市、富田林市、高石市、岸和田市、藤井寺市、大阪市)

————————————

賢く快適に暮らせるパッシブハウスってなんだろう?>>>